■猫の恩返し  (H)

at 109シネマズ  2002 07/29

きょう、娘を無理やり保育園休日とし、一家三人で観てきた。

『猫の恩返し』…バロンだけ共通で、
ほんと「耳をすませば」の予習はいらんかったです。
ただでさえ猫好き一家なので、皆不満があろうはずがなく、娘はとくに受けてた。
なんかソーダ水みたいに気持ちのイイ話でしたわ。
ジブリらしからぬ、いい意味での軽さが暑苦しくなく、
夏に最適の心地よさだったっス。

落下シーンは、ハクのウロコ落ちシーン並みにゾクッとしたねぇ。
エンドロールの吹替え陣の豪華さには驚かされましたなぁ・・

PS.きのお「千尋」をDVDで観直したら、
公開時に引っ掛かってた最後の両親当てクイズもすんなり入ってきた。
簡単すぎるぜ!と去年は思ったけど、
テレビサイズじゃ、坊の「千を泣かせたら許さないから」の一言が
ちゃんと効いて聞こえてきた。


>>CINEMA / LINEUPへ
>>ナ行タイトル一覧へ
[PR]
# by cinema-stadium | 2002-07-29 11:02 | Comments(0)

夏の満員電車

きのおの朝、2日徹夜して作った企画書を担当者に渡すために、
普段は無縁の満員電車に乗るはめになった。

キレイなオネイさんが肌も露な姿で、おいらに密着してくる!
いい匂いの髪がじかに鼻に当たる!!こりゃたまらんですわ。

つづき
[PR]
# by cinema-stadium | 2002-07-27 01:59 | Comments(0)

パニくるヤツ

だいたい、パニくるヤツは、
廻りの人をそのパニックの中に巻き込む。
そして、そのパニくってる状況を
「自分はなんて仕事のできるヤツなんだ」と思ってる。
要するに始末に終えないバカである。
[PR]
# by cinema-stadium | 2002-07-18 01:56 | Comments(0)

カミサンの両親

本日、カミサンの両親がやってくる。
およそ1週間の滞在予定。
娘は、じいちゃん、ばぁちゃんの来訪に大喜び。

おいらは、なにか外出の口実をつくらないと・・
そうだ、映画に行こ。


>>子育ての話 / LINEUPへ
[PR]
# by cinema-stadium | 2002-07-17 03:02 | Comments(0)

夏加減

駅前の八百屋に並んでる西瓜が、
つい10日ほど前は1個980円だったのに、
今日見たら850円になってた。

毎年、ここの西瓜の値段が下がれば下がるほど
夏も本格的になっていく。
700円台に突入したら、暑さもピークでござる・・
[PR]
# by cinema-stadium | 2002-07-13 01:56 | Comments(0)

子どもの熱

朝、あんなに元気に保育園に向った娘が、
帰ってきたときは39度の熱でぐったり・・
子どもの発熱って、いつ始まるか予測がつかん・・


>>子育ての話 / LINEUPへ
[PR]
# by cinema-stadium | 2002-07-11 03:01 | Comments(0)

仕事で岡山に行ってきた。
帰りの新幹線で暇つぶしに何か読もうと、売店で本を探してたら
北川悦吏子の「その時、ハートは盗まれた」の
ノベライズ(文庫)を見つけた。

つづき
[PR]
# by cinema-stadium | 2002-07-10 03:14 | Comments(0)

浴衣

夕方から、娘の保育園でお祭りがあった。
先生たちはみんな浴衣姿だった。
やっぱ、H先生の浴衣姿は特に素敵。
アップにした髪から漂う、仄かな色気がなんともいい。

いかん、まるでエロ親父じゃないか。
何しに行ったんじゃ、おのれは!


>>子育ての話 / LINEUPへ
[PR]
# by cinema-stadium | 2002-07-07 02:59 | Comments(0)

松井のホームラン

生で見た。しかもバックスクリーン弾!!

ウチの娘の「早く松井を見とかないと、もうすぐ見れなくなるよ」
という一声で、今日の巨人・阪神のチケットを買って見たのだが・・
ほんとにスゲェ一発が見れたのには、びっくり。

その瞬間、娘はちょうどウンコしに行ってた。
松井にウンを付けてやるちゃあ、さすがおいらの姫!
その瞬間をトイレの付き添いで見逃したカミサンは災難であった。

>>BASEBALL / LINEUPへ
[PR]
# by cinema-stadium | 2002-07-05 02:58 | Comments(0)

at  渋谷パンテオン  2002 07/04

ラッキーにも試写状をいただき、たった今観て帰ってきたとこ。
ブルース・ウィリス主演のナチ収容所もの。しかし、題名ちと酷すぎ。
昔のアル・パチーノ主演ものとは違うんだから、ったく。

偉そうに言わしてもらえるなら、これが、非常に惜しい出来なのら。
野球でいえば、バットの芯をちょい外して、ホームランになり損ね、
フェンス直撃の2ベースになっちまった感じ。
設定がメチャ面白い・・けど肝心カナメなとこで雑というか、大雑把。
ほんと惜しいのら・・

このグレゴリー・ホブリット監督は「真実の行方」も
「悪魔を憐れむ歌」も「オーロラの彼方へ」も大好きだけど、
どれもこれも同じように2ベースかシングルヒット。
でも、エドワード・ノートンの才能を引き出したように、
ちゃんと撮る人だから、いつか必ずホームランかっ飛ばすハズ。
要するに腕のある職人さんなんすよ。
ブレット・ラトナーとともに、おいら好みの監督なんである。
今秋公開、ぜひヒットしてほしい。


>>CINEMA / LINEUPへ
>>サ行タイトル一覧へ
[PR]
# by cinema-stadium | 2002-07-04 03:08 | Comments(0)

at  池袋シネマサンシャイン 2002 07/03

公開4ヶ月にして、やっと観た。

「ハリポタ」は、予告のあまりに重みのない映像を見て、
興醒めして行かなかったのに対し、「指輪」は予告も
神秘的な映像世界を感じさせ、早く行こうと思ってたけど、
初日を逸してしまったらズルズルと今日まで放ったらかしにしてた。

よかった、観逃さなくて。
しかも映画の日料金1000円で観て失礼。
やっぱ映像の気合いが違うぜ、ジャクソンちゃんは!
情念と霊魂渦巻く中世世界の映像はこうでなくちゃ!
合戦シーンもスゲェ巧いじゃん!

その昔、ジャクソンちゃんの『さまよう魂たち』の上映の場で
「観ないで寝ちゃっていいです」と宣わった襟川クロめ、ざまぁ見ろ!
お前はもう映画のコトを話すな!!映画の場にシャシャリ出て来んな!!

ということで、ヴィゴ・モーテンセンが
やっとお得な役にめぐりあえてよかった。
フロドでなく、メリーとピピンの方に向うとは泣かせる!

しかし、この緊張感ある濃密な映像を
あと2部も続けられるんだろうか?


>>CINEMA / LINEUPへ
>>ラ行タイトル一覧へ
[PR]
# by cinema-stadium | 2002-07-03 03:05 | Comments(0)

at  チネチッタ 2002 06/29

いやぁ、やっぱヨーダですよ! も〜久々にウヒョーって感じ。

いろいろ欠点突つきだしたらキリないけど、ヨーダの勇姿だけでもう満腹!!
前回は一切なかった驚きが「エピ2」には結構あった。
とりあえず、「エピ3」までは死ねん!

しかし、今日は席に着くまでが大変だった。
なじみのシネコンの行ったら、
2回分のチケットが既にソルドアウトだもの・・

急きょ川崎へ移動して、夜10時の回をやっと確保。
午後4時に家を出たのに・・
まぁ苦労した甲斐はとりあえずあったつーことで、
ヨシとしますわ。


>>CINEMA / LINEUPへ
>>サ行タイトル一覧へ
[PR]
# by cinema-stadium | 2002-06-29 03:02 | Comments(0)

at  109シネマズ  2002 06/27

ウィレム・デフォーと「スーパーマン」1作目好きの
カミサンと「スパイダーマン」へGO!

観終わった後は当然のごとく、M・Jの話題になった。
やっぱもうちょっと綺麗な人にしてほしかった・・
という意見で二人とも一致。

キャラ的にも、最初あんなバカ男とつきあってるような女は、
スーパーヒーローが守るべき存在じゃないと・・それに比べ、
男に目もくれないでスクープ取りに奔走する「スーパーマン」の
ロイス・レーンには、守るべき価値があったとか、
そんな意味でも「スーパーマン」はロマンティックで偉大だ、とか・・
そんな話で盛り上がった。

でもトビー・マグワイヤは、二人ともOK!!
ウィレム・デフォーは、カミサン、もうちょっとキレまくりの
デフォーを期待してたらしく、いまいちだったみたい。


>>CINEMA / LINEUPへ
>>サ行タイトル一覧へ
[PR]
# by cinema-stadium | 2002-06-27 03:00 | Comments(0)

Hikkiの新作

カミサンに内緒でHikkiの新作を買うてしもた。
ファーストの輝きに触れたときの驚きは
もう感じることはないとしても、相変わらず安定したヴォーカルの力で、
買って損した気はせんかった。
最近の耳慣れた曲は全部入ってる太っ腹さも好感持てるし・・

つづき
[PR]
# by cinema-stadium | 2002-06-22 01:50 | Comments(0)

at  試写会  2002 06/21

親子試写に行ってきた。席はかなり空いてた。
ウィークデーの夕方から銀座で親子試写やるなんて無謀!

ということで「アイスエイジ」・・期待してなかったけど、
かなりレベル高いですぞ、これは!
「モンスターズインク」と同じくらい楽しめた。

「インディ魔宮の伝説」+「ライオンキング」!
やっぱ、大人も楽しめるアニメだと、
子ども連れてっても全然苦痛じゃありません。
娘も満足そうで、二度うれしい。

惜しいのは、「モンスターズインク」に比べると、
キャラ造形が日本人好みじゃないこと・・。

日本語吹替で観たけど、山寺宏一はうまいし、
爆笑問題の太田はモロ適役だったし、
オーバーアクトが鼻につく竹中直人は
むしろ吹き替え向きかもしれん。


>>CINEMA / LINEUPへ
>>ア行タイトル一覧へ
[PR]
# by cinema-stadium | 2002-06-21 02:54 | Comments(0)

at  日比谷映画 2002 06/20

泣いた、とにかく泣けた!こんなに愛おしくて仕方ない映画は久し振りじゃ。
人間の痛いトコを“笑い”で突きながら“泣き”に導くなんざ、
あっぱれファレリー兄弟!!

これが映画の正しいラブストーリーぞ!!
そして、エンドタイトルの粋なこと・・
作り手同士の敬意と作品への愛情にあふれてて、
ここでも泣けた。

なんか、昔テレビかビデオで観た、
一番ブスな女の子とデートできるのは誰かを競う、
リバーくん主演の映画を思い出してしまった(タイトル忘れたけど)。
うん、今日は無理した甲斐あった・・満腹でござる。


>>CINEMA / LINEUPへ
>>ア行タイトル一覧へ
[PR]
# by cinema-stadium | 2002-06-20 02:53 | Comments(0)

at  丸の内東映 2002 06/20

こんな“楽しい”作品だとは予想もしなかった。
映画館前のポスターに「運命の10日間」とか書いてあるもんだから、
相当ヘヴィな世界だとばかり勝手に思い込んでしもたやないか!
イデオロギー色なくして大正解!原田監督は、日本の資本が絡んでなくても、
ハリウッドのアクションをもう充分撮れまっせ!
わめき合いがよく聞き取れんかったことが、ちと残念ではありましたが・・


>>CINEMA / LINEUPへ
>>タ行タイトル一覧へ
[PR]
# by cinema-stadium | 2002-06-20 02:41 | Comments(0)

恋の本質

ウチの5才の娘は
同じクラス一番の悪ガキのことが好きだそうだ。

ゆうべ、風呂で「どうして、あんな悪戯ばっかする子が好きなの?」と
聞いたところ、「だって好きになっちゃったんだもん」だと。
ウ〜ム・・なるほど、おっしゃる通りでございます。


>>子育ての話 / LINEUPへ
[PR]
# by cinema-stadium | 2002-06-17 02:55 | Comments(0)

おつり

さっき自販機でジュース買った。
細かいのなかったので千円札で買った。
おつりが100円玉8個と10円玉8個出てきた。
財布が異常に重くなった。

なんかスゲェむかつく・・
[PR]
# by cinema-stadium | 2002-06-15 01:49 | Comments(0)

ついに、貴志さんの「青の炎」も映画化らしい・・・
これまで貴志さんの作品、まともに映画化されたことないもんなぁ・・

別に嵐のだれと松浦亜弥が主演だろうが、
どうでもいいけど、ちゃんと映画にしてほしいです。
頼みますぜ、世界の蜷川センセ。

でも舞台と映画って違うからなぁ・・
せめて、2年ほど前のタッキー主演であってほしかったワ。
[PR]
# by cinema-stadium | 2002-06-13 02:53 | Comments(0)

娘の先生

娘の通う保育園は、
朝からお父さんが子供を送ってくる率が異常に高い。
理由はひとつ、パパ達のアイドルH先生がいるからだ。

朝から目を潤して、仕事に向う・・
わかるなぁ、その気持ち。

かくいう私も、カミサンの訝し気な目をかいくぐって、
今日も娘を送っていった・・


>>子育ての話 / LINEUPへ
[PR]
# by cinema-stadium | 2002-06-11 02:52 | Comments(0)

千と千尋

娘の大好きな「千と千尋」のDVDが7月に出るということで、
予約をした。
問題はどこで予約するかであった。

ハクのおにぎりと「千と千尋」オリジナルトランプ付きのローソンか、
はたまた、おにぎりと10%ポイント還元付きのビックカメラか・・

娘よ、ゴメン・・パパはポイントカードが貯まる方に目がくらんでしもた。
我ながら、ちっちゃいヤツやのぉ・・


>>子育ての話 / LINEUPへ
[PR]
# by cinema-stadium | 2002-06-10 02:51 | Comments(0)

チュー

5才の娘にチューすると、その後、かならず
娘はくちびるを服の袖で拭う。そんなにパパのくちびるが嫌か!
「なっちゃん」のCMは見事に真実を突いてる・・さすがサントリー。


>>子育ての話 / LINEUPへ
[PR]
# by cinema-stadium | 2002-06-09 02:48 | Comments(0)

■模倣犯  (SO)

at  109シネマズ  2002 06/08

覚悟はしてたが、ここまで酷いとは・・
キャラの誰ひとりも呼吸していない、へぼいホン。
シャブやってるような腐った演出・・
ここまでくると、もはや森田の無能は才能だ(ピース風に)。

オープニング・タイトルのセンスのなさで、
最初からヤバイと思ったら、
案の定、時間を追うごとにワナワナと憤怒と嫌悪と憎悪の念が
いっしょくたになって込み上げてきた・・。
途中何度か出ようと思ったけど、
でも最後まで観ないと文句も言えないので、我慢して観た。
けど、さすがにエンドタイトルになった瞬間、すぐに出た。

これまでエンドタイトルは、
ウンコ我慢できなくて途中で退出した以外、
たとえどんな映画であっても作り手に敬意を払う意味で、
幕が下りるまでは必ず観るようにしてた。
けど今回ばかりは、同じ空気に触れてる状態から
1秒でも早く解放されたかった。

これは犯罪映画ではなく、この映画そのものが犯罪だ。
森田よ、命かけないナルシストほど、
こっ恥ずかしいものはないって、ええ加減気づけヨ、ボンクラ!
宮部さん、おいら以上に怒ってるだろうなぁ・・


>>CINEMA / LINEUPへ
>>マ行タイトル一覧へ
[PR]
# by cinema-stadium | 2002-06-08 02:39 | Comments(0)

ネーミング

タブロイド紙は、電車の中での暇つぶしによく読むのだが、
風俗欄には結構笑わせてもらってる。
記事というより、紹介される風俗店のネーミングに・・

昨日のヒットは、渋谷・性感「ちくびまる子ちゃん」。
こういうネーミングを考えだすヤツは、
明らかに特殊な才能の持ち主だと思う・・
[PR]
# by cinema-stadium | 2002-06-08 01:44 | Comments(0)