■ムーンライト(HR)

2017.4.1 ららぽーと横浜10
e0089956_00300958.jpg●ひたすら、ひたすら美しい映画だった。●オスカー作品賞にふさわしき美しい映画だったが、それ以上に、余韻が程よい3分にも満たないようなエンドクレジットの心地良さに、ああ自分はどんだけ最近の延々と続くエンドクレジットにストレス感じてたんだろうと改めて気づかされた。●小さい頃から「幕が下りるまでが映画」だと、ファンとしてのマナーを忠実に守り続け、自分の子供にも「一つの作品ができるまでにこれだけの人が力を合わせて作ってるんだ」とかなんとか言って、早く出たがるのを我慢させてきたわけだが、最近の洋画のエンドクレジットのクソ長さはいい加減ガマンならんわ。●確かに、マーベルみたく最後の最後にお楽しみ付きなやつだとか、ジョン・ウィリアムスの壮大な音楽なんかが流れてれば、なんとか気持ちを維持できるが、にしても長ぇよ〜。せめてジャッキーみたくNG集でもあれば、最後の最後まで楽しめるのだけど。●中には延々15分くらいエンドクレジットを続ける作品もあって、人の大切な時間(人生の一部)を奪う重みを知らないクソ厚かましい作品には、ウンコ投げつけたくなる。●CGでたくさんの人が関わっているのは分かるが、アシスタントクラスまでわざわざ紹介せんでエエわ。関係者全員の名を表記しろみたいな、向こうの組合の要求なんだろうけど、誰も見ちゃおらんて。全員出したいなら、それこそ超高速で充分や!などと映画の内容と直接関係のないことだけどな

[PR]
by cinema-stadium | 2017-04-01 00:27 | Comments(0)

スタジアム管理人凹貞治


by cinema-stadium