■フラガール(HR)

at チネチッタ12    2006 10/03

もぉ〜好き、好き、大、大、だ〜いスキ!!!年に1本でもいい、こういう抱きしめたくなる映画と出会えるとホントうれしいねぇ!!
最初から最後まで、時に号泣しながらニコニコしっ放し!!これぞ、良い映画に出会ったときの幸福感!!

前の「69」のときも触れたと思うけど、李監督ちゃあ、やっぱ才能スゲェよ!!
話自体が、おいらの大っキライな薄らヌルい「スウィングガール」でなく、大スキな爽やかニガい「がんばっていきまっしょい」+「リトルダンサー」の世界観に近いということもあるのだけど、キャラ全てがリアルな空気吸って、リアルに大地に立った上でキラキラ輝いてますもん!!だから貧乏な時代の、貧乏な町の、貧乏な人たちの話なのに、世界観にぜんぜん貧相さが漂ってないんですわ、、、てゆーより力強くて美しいし、、その画面の質感と薫りに触れてるだけで涙あふれてきましたわ、、

e0089956_214541.jpgいまなぜこの作品か、というものに対する答えを、フラガールたちの存在そのものでダイレクトに活写してるとこも素晴らしいけど、やっぱね何より李監督がスゲェと思うのは、薄汚れた田舎顔のおネェちゃんたちがダンス巧くなって、イイ女になってく過程を、「チームアメリカ」や「ロッキー」のようなモンタージュを使わず、「スイング〜」のようなくだらねぇサービスもせず、丁寧に丁寧にフィルムに刻んでるとこですわ、、エラい!!立派!!李監督のような若手がいる限り、日本映画はまだまだ大丈夫!!

松雪もトヨエツも、富司純子さんと岸辺一徳さんの「寝ずの番」コンビも良い仕事してるし、その他のダンサー役のみんな素晴らしかった、、
けど、蒼井優ちゃん、、、、もう蒼井優、蒼井優、蒼井優、アオイユウ、あおいゆう、である、、スクリーンを支配する力は、今、日本の女優でナンバーワンじゃなかろうか、、大スキ!!もう「花アリ」再見したくってしょうがないので、ついにDVDの封を解こう、、、

いやいや、今年の日本映画はこの作品と「嫌われ松子」に出会えたんで、それで充分ですわ、、


>>CINEMA / LINEUPへ
>>ハ行タイトル一覧へ
[PR]
Commented by ぱてん at 2006-10-04 13:10 x
ねえ~素晴らしか映画でしたねえ
ただごとでないリアルさの種田美術に一切迷いなく正しく物語見せてくれる山本カメラ、編集も丁寧で
一流な仕事でしたねえ
コレは、アマチュアの一回きりの思い出づくり映画でなく、生きていくためにやらなければなかったプロのハナシデスけんねえ
Commented by cinema-stadium at 2006-10-04 18:27
>ぱてんさん
そうなぁ李監督ばっか褒めよったけど、美術、カメラ、編集、衣装、、すべて素晴らしかった!!もちろん音楽もヨカし!!こらホンマ傑作ですたい!!
確かに、盆踊りしかできんだった田舎のネェちゃんたちがちゃんと「プロ」のダンサーになる画になっとるですもんなぁ!!そこがスゲェ、、
少年が「いいぞ母ちゃん!」て叫んで自慢したくなるのもホンマよう分かったし(あの母ちゃん役の人がよかったし)、こっちまで嬉しくなったですたい。
もうおいらは、ボタ山の上で、優ちゃんが親友とズーズー弁で放す最初のくだりから号泣でしたわ、、
Commented by ぱてん at 2006-10-04 20:01 x
この「フラガール」は
助監督も一流デスばい!
あんだけモブシーンがあって、
特に観客にフラ見せるシーンとか
すさまじく時間かかってるだろうけど
きっちりコントロールしとりますもん、、
んで「いいぞ母ちゃん!」つうシーンの
周りのリアクションの音も的確で、、
録音スタッフもかなり優秀!!
そんだけのスタッフば、たばねた李監督が
エラかデスなあ、、
あ!
蒼井優が母ちゃんに反発して廊下に正座しとって
立ち上がったら足シビレとって、、
つう<シビレてる>芝居が見事でしたなあ!!
実際、シビレるまで蒼井優ちゃん座ってたわけでなく
芝居で見せてたんだろうけど、、
ホント、あのコは巧か!
ちゃんとどの役もその役のコそのものになっとるもん!
Commented by cinema-stadium at 2006-10-04 21:55
>ぱてんさん
そうですな、、確かに、、、本ステージ以外にも、ドサまわり時は温泉宿の座敷もあれば、公民館のホールもあれば、普段は炭坑入り口の炭坑夫たちもあれば、、いろいろなタイプの群衆ば扱っとりますもんな、、
考えてみれば、「69」でオイラが不満だったラストの文化祭(モブシーン)の盛り上がりのなさ、およびヒロインのブスぶり、、は、この作品では明らかにぜんぶ解消されとるじゃあなかですか!!
あっぱれ、李組!!いま日本映画界で一番信用のおける現場とみた!

で、蒼井優ちゃんですが、ごめん、オイラ、彼女の母への無言のメッセージば思い出すだけで泣けてくるとです。彼女は、日本映画界が生んだ奇跡です。
ところで「情熱大陸」じゃ、松雪に文句たれてビンタ張られるシーンの撮影現場ば映してあったけど、ありゃ李監督というより、優ちゃんがイニシアティブば握っとる現場でした、、
最初、セリフも入っとらんような芝居から、数回リハ重ねるうちに、演技のバリエーションを試しつつの、完璧に役になりきって行く様は、末恐ろしかったですたい、、あの歳で徹底した「プロ」ですばい。
あの回、youtubeであがっとらんやろか、、
Commented by ぱてん at 2006-10-05 01:19 x
「情熱大陸」見たかったなあ、、
you tubeにも上がってなかごたるなあ、、
Commented by cinema-stadium at 2006-10-05 09:28
>ぱてんさん
なんとか見れる方法あれば、エエんですけど。
Commented by いっとく at 2007-03-04 23:05 x
遅ればせながら渋谷の映画館の再上映で見ました。

ボタ山、炭鉱住宅(タンジュウ)、鉱山(ヤマ)の男…生まれた大牟田で1997まで耳にした言葉でした。そこで活きる人々のパワーを感じました。

蒼井優は『ハチミツとクローバー』を見終わってすぐだっただけにいろんな役を演じることができるんだなぁと感動しました。美しかった…

と確かに日記の通り感動しながらも温かくなれる素敵な映画でした。また見たい。。。
Commented by cinema-stadium at 2007-03-06 00:30
>いっとくさん
「フラガール」またやってんですね、、
蒼井優ちゃんは「虹の女神」も良かったよ。
彼女の踊りを見たいなら
「花とアリス」でもスゴいのが見れますよ。お近くのTSUTAYAで
by cinema-stadium | 2006-10-03 21:05 | Comments(8)

スタジアム管理人凹貞治


by cinema-stadium